2017/12/15 01:46 JST

1T1 ゴルフ トゥーラン ATミッション09Gの修理

ゴルフトゥーラン 1T1 のお客様、変速ショックが大きく、減速時、加速時の変速時に不快な衝撃があるとのことで入庫しました。

この車のミッションは故障の多い09Gの6速オートマチックです。

お客様からの問診で知った症状と09Gの症例が一致しています。

ためしに試運転をしました、

30分以上走行すると
 加速時の変速でショック、変速中どこにもトルクが伝わらず一瞬ニュートラル状態、減速時にも大きな衝撃(ショック)、さらにバックに入れるとドカンと衝撃。

間違いなく09Gのバルブボディの故障の症状です。

修理方法としては、バルブボディの載せ替えになります。

ネットで情報を検索してみると、そのほかの方法として、ソレノイドの交換、あるいはソレノイドの蓋を切り取ってバルブが動くピストン穴をドリルで調整なんてものありました。

しかし、このタイプは熱膨張率の違う材質のピストンが入っているために、交換してしまうのが間違いない方法です。

ところが、このバルブボディは一般販売してくれない部品、つまり正規ルートではディーラーにしか販売しない部品らしく、入荷不可です。

ということで弊社ではいつものように海外からの直輸入で純正新品のバルブボディーを仕入れました。

国内の純正定価より約10万円くらい安く販売することが可能です!

09G バルブボディ
バルブボディを外したところ
バルブボディの新旧

修理後、約1時間の試運転を行いましたが、絶好調でした。